メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東ちづるのLet’sまぜこぜ!

トライ・アンド・エラーを重ねる

 どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない「まぜこぜの社会」を目指す一般社団法人「Get in touch」をなぜ設立したのか? 前回の続きです。

 ボランティアと呼ばれる社会活動を始め、さまざまな角度からの気づきがありました。新聞の読み方もニュース番組の見方も、私自身のコメンテーターとしての発言も変わったと思います。傍観者や第三者ではなく、社会的弱者とされる人の立場から考えるようになりました。

 10年ぐらいたった頃から、難病や障害のある活動仲間から「結局のところ、ちづるさんには私たち当事者の…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1842文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです