メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 どんな状況でも、どんな状態でも、誰も排除しない、されない「まぜこぜの社会」を目指す一般社団法人「Get in touch」をなぜ設立したのか? 前回の続きです。

 ボランティアと呼ばれる社会活動を始め、さまざまな角度からの気づきがありました。新聞の読み方もニュース番組の見方も、私自身のコメンテーターとしての発言も変わったと思います。傍観者や第三者ではなく、社会的弱者とされる人の立場から考えるようになりました。

 10年ぐらいたった頃から、難病や障害のある活動仲間から「結局のところ、ちづるさんには私たち当事者の…

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです