メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

規制強化を商機に サトウキビストローなど代替品も

サトウキビのストローをさしたタピオカミルクティーを手にする「鉅田友善材料」の黄千鐘代表。右側の瓶の中にあるのはサトウキビから作ったストローの材料=台湾中部・南投で2018年8月7日、福岡静哉撮影

 台湾の蔡英文政権が廃プラスチック対策で2030年までにプラスチック製のストローなどを全面禁止にするとの先進的な目標を掲げ、注目を集めている。台湾はペットボトル回収率で世界トップレベルの実績があり、廃プラ対策でも目標の達成が期待されている。環境にやさしい商品の開発も進み、特産のサトウキビを使ったストローも登場している。【南投(台湾中部)で福岡静哉】

 プラスチックごみによる海洋汚染問題を受け、台湾環境保護署(環境省)は今年2月、30年までに汚染の主…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです