メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡の医院

承認外の細胞、患者に投与 再生医療で

 福岡市の「トリニティクリニック福岡」が4月に自由診療で始めたアルツハイマー病を治療する再生医療が、国に届け出た計画から外れた方法で患者4人に行われていたことが18日、分かった。別の目的で何年も前に患者自身から採取し、保管していた細胞を投与するなどしていた。国の認定を受けて治療を審査、監督する専門家委員会が問題を指摘し、クリニックに治療の一時中止と改善を求めた。

 再生医療を実施する場合は計画を作成し、安全性などに問題がないか審査を受けることが法で義務付けられて…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです