メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

象徴の神鳥、選手を先導…開会式

 【ジャカルタ松本晃】45カ国・地域から1万1000人以上の精鋭が集う第18回アジア大会が18日夜、インドネシアの首都ジャカルタでの開会式で幕を開けた。大会スローガンは「Energy of Asia(アジアの活力)」。急成長する東南アジアを象徴するように高層ビルが建ち並び、多くの人々が行き交うジャカルタは、アジア最大の巨大イベントの開催を実現した熱気に包まれた。

 大会は9月2日までの16日間で40競技465種目が行われる。競技は19日から本格的に始まる。日本選…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです