メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンダム選手権

[速報]松山は通算9アンダー暫定22位タイで最終日へ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

ウィンダム選手権 3日目

PGAツアー第44戦 ウィンダム選手権/ノースカロライナ州 セッジフィールドCC

 グリーンズボロ(ノースカロライナ州)で開催されているウィンダム選手権。日本人選手は松山英樹と小平智の2人が出場していたが、小平は予選落ちした。

 大会3日目は午後からの雷雨によりサスペンデッドになった。松山は9時15分スタートで、雷雨の前にホールアウト。通算9アンダー暫定22位タイに順位を上げた。

MORE:ウィンダム選手権の最新スコアはここをクリック!

 松山は通算3アンダー52位タイで3日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。2番パー4でバーディを先行させると、5番パー5で2オンに成功してイーグルを奪った。9番パー4でもバーディを加え、前半を4アンダーで折り返した。

 後半に入ると、12番パー3と13番パー4で連続バーディを奪った。16番パー3でもバーディを加えたが、18番パー4をボギーとした。

 結局、この日のスコアは1イーグル、5バーディ、1ボギーの6アンダー64(パー70)。通算9アンダー暫定22位タイに浮上した。

ブラント・スネデカーが7ホール終了時点で通算16アンダー暫定首位 Photo by Streeter Lecka/Getty Images

 3日目終了時点でもブラント・スネデカー(米国)が首位をキープしている。スネデカーは通算14アンダー単独首位で3日目を迎え、7ホール終了時点でスコアを2つ伸ばした。通算16アンダー暫定首位となった。

 首位と3打差の通算13アンダー暫定2位に、ブライアン・ゲイ(米国)がつけている。ゲイは通算7アンダー15位タイで3日目を迎え、12ホール終了時点でスコアを6つ伸ばしている。

 首位と4打差の通算12アンダー暫定3位タイに、トレイ・マリナックス(米国)、キース・ミッチェル(米国)、潘政琮(台湾)、D.A.ポインツ(米国)の4人が続いている。

 前年覇者のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、通算7アンダー15位タイで3日目を迎えたが、14ホール終了時点でスコアを1つ落とした。通算6アンダー暫定47位タイに順位を下げている。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです