メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

「江戸名所図屏風」左隻(部分) 街の表情生き生きと

八曲一双 江戸時代 紙本金地着色 各107・2センチ×488・8センチ 出光美術館蔵

 人のエネルギーに満ち満ちている。2枚組みの屏風(びょうぶ)の中、右隻(うせき)に約1000人、左隻に約1200人もが描かれているからだ。

 江戸の街を描いた「江戸名所図屏風」は、直線距離にすると約10キロの範囲を描いている。北は上野・浅草から、南は品川まで。浅草寺、神田明神、増上寺など今もおなじみの名所を絵の中に見つけることができる。だがここでの主役は、街というより、街に生きる人だ。

 「とても個性的な都市図です」。出光美術館の廣海(ひろみ)伸彦学芸員は話す。京の街を描いた洛中洛外図…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  3. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  4. コート内外のギャップも魅力 大坂なおみ、全豪4強
  5. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです