メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

Tシャツの破壊力=永山悦子

 先月、英高級ブランドのバーバリーが、安売りを防ぐため、日本円にして約42億円もの衣料品などの売れ残りを焼却処分していたというニュースが流れた。「なんてもったいないことを」。そう思った人は多いだろう。しかし、ここでもう一歩進んで考えてみたい。

 世界中の衣料品の売上高は2002~15年の間に1・8倍にも増加(国際NGOグリーンピース試算)。一方、英国のエレン・マッカーサー財団によると、衣服の着用回数は00年代初めから4割近くも減ったという。つまり、どんどん売られ、どんどん使い捨てられているということ。いわゆる「ファストファッション(最新流行を取り入れつつ低価格に抑えた衣料品)」の影響が大きいらしい。

 夏の初め、あるファストファッションの店へ行くと、入り口に並んでいたのは1枚290円のTシャツ。それ…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです