メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

円仁の足跡 唐代国清寺遺跡(中国・江蘇省) 東アジアのランドマーク

 東アジア3大旅行記の一つといわれる「入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)」を著した平安時代前期の高僧円仁(794~864年)ゆかりの寺院跡が中国で見つかった。長江の河口に近い江蘇省如東の国清寺(こくせいじ)。円仁が唐に留学した時、上陸直後に滞在した。円仁は在唐9年。重要な滞在先が10カ所以上知られるものの、当時の遺構そのものが確認されたのは初めてだ。東アジアの交流史を伝える貴重な遺跡として興味深い。

 発掘は南京大学歴史学院の賀雲〓教授の研究班が行った。昨年7月から約1年調査し、先月、賀教授が中国で…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1626文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです