メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

「昭和1桁」の生き様=川崎支局長・市村一夫 /神奈川

 高校時代、体育系の部活動で休みが全くなかった。それを自分自身への言い訳にして、勉強は全くしなかった。それでも、3年生になって進学の道を選んだのは、貧しくて勉学を諦めた父の影響が大きかったと思う。

 いわゆる「昭和1桁」世代。新潟県の小作農家の生まれで、本人が言うには「小学校の成績は学級一だった」。教師は大地主の子に「1番」を付けたといい、「出世に貧富が関係しない」と軍人になる決意をした。ところが、小学校高等科を卒業したときは既に戦争が終わり、良い働き口が見つかっても、正社員が兵役から引き揚げてきて辞めさせられるということが続いたという。流れ流…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  3. 象牙市場「即時閉鎖を」 ワシントン条約の元事務局長が日本批判
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです