メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた人模様

和装の美しさを発信する 鳥島悦子さん /新潟

着物をもっと自由に

 着物ポリスという言葉があるそうだ。

 結婚式やパーティーで、着物のわずかな乱れを見逃さず取り締まる人たち。「ここ直したほうがいいわよ」。おばさまが多いのかと思いきや、おじさま属もちらほら出没するらしい。

 「昭和のころ、着物の着付け教室がはやりました。そこで決められたルールというか。これがスタンダードですよと、固められていったのではないかしら。もっと自由でいいのに」

 24歳で嫁いだ先が美容室だった。専門学校へ通い、美容師の資格をとった。着付けも習った。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文987文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです