メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

W杯 ボルダリング 野中、初の年間総合V

 【ミュンヘン共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング最終戦となる第7戦は18日、ミュンヘンで準決勝と決勝が行われ、女子は2位に入った21歳の野中生萌(TEAM au)が初の年間総合優勝に輝いた。

 6人による決勝では野中、3位の野口啓代(TEAM au)ともに四つの課題(コース)全てをクリアしたが、優勝したヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が完登に要したトライ数が最も少なかった。野口は年間総合で2位。

 男子は決勝で緒方良行(神奈川大)が4位、藤脇祐二(福井県連盟)が5位。グレゴル・ベゾニク(スロベニ…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文853文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです