メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 バドミントン 桃田賢斗(23) 「感謝」胸に復活の頂へ

桃田賢斗 どん底から世界王者へ

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 違法賭博行為による約13カ月の出場停止処分から復帰後、バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(23)=NTT東日本=が繰り返し話す言葉がある。「感謝の気持ちを忘れずにプレーする」。精神的に強くなったエースは5日まで中国・南京であった世界選手権で初優勝を遂げた勢いのまま、バドミントンの強豪が集うアジアの頂点を目指す。

 19日の男子団体1回戦のマレーシア戦、世界選手権準決勝で破ったダレン・リューを再び圧倒してストレー…

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1193文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです