メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

釜石鵜住居復興スタジアム、オープニングイベント 釜石、ヤマハに健闘

釜石鵜住居復興スタジアムで激しく競り合う釜石シーウェイブスとヤマハ発動機ジュビロの選手たち。地元の子どもたちが大漁旗を振って声援を送った=岩手県釜石市で2018年8月19日午後3時17分、喜屋武真之介撮影

 <KICKOFF! KAMAISHI 8.19 リポビタンD 釜石鵜住居復興スタジアム オープニングDAY>

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場として岩手県釜石市に建設された釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムのオープニングイベントで19日、トップチャレンジリーグ(2部相当)の釜石シーウェイブスと、トップリーグ(1部相当)のヤマハ発動機が対戦。釜石シーウェイブスは24-29で敗れたが、テンポの良い攻撃などで計4トライを挙げ粘りを見せた。試合に先立ち、かつて日本選手権を7連覇した新日鉄釜石(1978~84年度)と神戸製鋼(88~94年度)のOB戦も行われた。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです