メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

釜石鵜住居復興スタジアム、オープニングイベント 釜石、ヤマハに健闘

釜石鵜住居復興スタジアムで激しく競り合う釜石シーウェイブスとヤマハ発動機ジュビロの選手たち。地元の子どもたちが大漁旗を振って声援を送った=岩手県釜石市で2018年8月19日午後3時17分、喜屋武真之介撮影

 <KICKOFF! KAMAISHI 8.19 リポビタンD 釜石鵜住居復興スタジアム オープニングDAY>

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場として岩手県釜石市に建設された釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムのオープニングイベントで19日、トップチャレンジリーグ(2部相当)の釜石シーウェイブスと、トップリーグ(1部相当)のヤマハ発動機が対戦。釜石シーウェイブスは24-29で敗れたが、テンポの良い攻撃などで計4トライを挙げ粘りを見せた。試合に先立ち、かつて日本選手権を7連覇した新日鉄釜石(1978~84年度)と神戸製鋼(88~94年度)のOB戦も行われた。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです