メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島土砂災害

4年 亡父の誇り、息子の決意 34歳巡査長、西日本豪雨で奔走

西日本豪雨で救助活動に入った地区で、被害状況を説明する政岡敬志さん=広島県三原市で2018年8月15日、山田尚弘撮影

 広島県警三原署の巡査長、政岡敬志(たかし)さん(34)は、2014年8月の広島土砂災害で3歳の男児を救助中だった消防士の父則義さん(当時53歳)を亡くした。人助けをする父の背中を見て警察官になり、西日本豪雨では初めて救助活動にあたった。同じ経験をしたであろう父の姿が何度も頭をよぎったといい、「使命感と誇りを持って臨む」と父の遺志を継ぐ決意を新たにしている。【隈元悠太】

 広島市消防局の消防士だった則義さんは台風が近づくと出動に備えて自宅の電話前から離れず、1995年の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです