メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

復興の未来夢見て 岩手・釜石スタジアムがオープン

釜石鵜住居復興スタジアムの完成を祝って開かれたレジェンドマッチで、グラウンドに入場する新日鉄釜石と神戸製鋼のV7時代の選手たち。中央は新日鉄釜石の松尾雄治さん=岩手県釜石市で2018年8月19日、喜屋武真之介撮影

 来年9月に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の開催地のうち、東日本大震災の被災地で唯一となる岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで19日、オープニングイベントがあった。津波で甚大な被害を受けた釜石の「復興のシンボル」に市民ら6530人が訪れ、大会ムードを盛り上げた。

 歌手の平原綾香さんや、人気グループ「EXILE(エグザイル)」のメンバーらが登場。ともに日本選手権を7連覇した新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)と神戸製鋼のOBらによる「レジェンドマッチ」も行われた。…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです