メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

釜石、未来へトライ ヤマハと対戦 惜敗も満員の観衆沸かせ

 <KICKOFF! KAMAISHI 8.19 リポビタンD 釜石鵜住居復興スタジアム オープニングDAY>

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場として岩手県釜石市に建設された釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムのオープニングイベントで19日、トップチャレンジリーグ(2部相当)の釜石シーウェイブスと、トップリーグ(1部相当)のヤマハ発動機が対戦した。釜石シーウェイブスは24-29で敗れたが、テンポの良い攻撃などで計4トライを挙げ粘りを見せた。試合に先立ち、かつて日本選手権を7連覇した新日鉄釜石(1978~84年度)と神戸製鋼(88~94年度)のOB戦も行われた。

 東日本大震災の被災地で唯一のW杯会場となる真新しいスタジアムで、釜石シーウェイブスが好プレーを披露…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文946文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. PLS 難病35歳、講演で生き方発信 大久保選手も支援
  4. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  5. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです