メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大チーム

iPSで血小板の臨床研究を申請

厚労省の承認求め、不良性貧血患者に輸血

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、血液成分の一つで止血作用のある血小板を作り、血小板などが減少する「再生不良性貧血」の患者に輸血する臨床研究の実施を、京都大の江藤浩之教授らのチームが厚生労働省に申請したことが19日、分かった。学内審査で了承を得ており、今後、厚労省で承認されれば臨床研究を始める。チームは近く計画を発表する。

 iPS細胞は、世界初の臨床研究が網膜で実施され、心臓病やパーキンソン病でも研究が進んでいる。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文933文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 熱血!与良政談 首相の「不都合な真実」=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです