メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

米軍統治と黒糖焼酎

 先の大戦が鹿児島県の奄美群島に残したものの一つが黒糖焼酎だ。原料の黒糖は江戸時代、薩摩藩に収奪され、島民の手元には残らなかった。大正時代に醸造所もできたが、沖縄にならい、コメで造る泡盛が主流だった。

 状況は戦後8年間の米軍統治で変わる。本土との物流が途切れ、余った黒糖で本格的な焼酎生産が始まる。日本復帰後は奄美だけに黒糖焼酎の製造が特例的に認め…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです