メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

行方・霞ケ浦ふれあいランド テーマは「水」 涼を求め /茨城

 霞ケ浦を東西に横断する霞ケ浦大橋のたもとに、高さ約60メートルの展望デッキも備えた「霞ケ浦ふれあいランド」(行方市玉造甲)がある。湖畔にあって「水」をテーマにしたテーマパークだという。身近な「涼」を求めて訪れてみた。

 オープンは1992年。橋の開通(87年)を機に構想が持ち上がり、水資源開発公団(現水資源機構)と県、玉造町(現行方市)が共同で建設した。館内の設備の多くは、85年に谷田部町(現つくば市)であった「国際科学技術博覧会」(科学万博)から移設したという。

 まず、一番人気という「水の科学館」に入ってみる。マスコットキャラクター「みずまるくん」に迎えられて…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1221文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです