メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもみんなで支える

プレーパーク「トカイナカ」朝霞 「孤育て」解消へ遊び場 運営NPO、親同士の交流重視 /埼玉

 東京のベッドタウンとして子育て世代が増加する県南部では、地縁・血縁のない地域での「孤(こ)育て」(孤立した育児)の解消が課題となっている。日本冒険遊び場づくり協会(東京都)の代表を務め、朝霞市のプレーパークでリーダーを務める関戸博樹さん(37)は「プレーパークは社会福祉」と語り、孤育てに悩む親たちの支援に主眼を置いた遊びの場を提供している。関戸さんらが開く遊びの場「トカイナカ」を訪ねた。【山寺香】

 よちよち歩きの1、2歳児がシャボン玉に熱中する横で、もう少し大きな子どもたちはホースで水をまきなが…

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1808文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです