メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 東京五輪に向けてサマータイムを実施する案が浮上してきた。酷暑の中での競技を避けるためにも、時計を2時間早めるという。午前11時からの競技も「朝9時から」となるから、暑さの影響も若干は避けられそうだ。

 「それは一策かも」と思いつつ、「会社や役所、銀行なども当然、2時間早く始めることになるのかな」とちょっと気になる。たとえば、私がいる病院もいまは朝9時から診療だが、それが朝7時開始になる。もちろん眠る時間も2時間早くなれば問題はないが、そんなにすぐにからだが慣れるだろうか。なんとなく元の時間帯で生活してしまい、結局、睡眠不足にならないか、と心配してしまう。

 診察室でも私のように、「この病院もサマータイムに対応するんでしょうか」と気にしている人がいれば、「…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文984文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです