メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぎふ人物記

陶芸家・美和隆治さん(88) 「本物の瀬戸黒」追究 /岐阜

 「瀬戸黒は戦国時代の武将に似合う、美濃が誇れる茶陶。私は瀬戸黒茶わんを鎧(よろい)や刀の前に置いた情景を想像しながら作っている」。6月で米寿を迎えた美濃陶芸界の重鎮・美和隆治さん(88)は、安土・桃山時代に一世を風靡(ふうび)した美濃古陶の美を追究して60年余。「残された人生で私自身が感動できる瀬戸黒茶わんを完成させたい」と執念を燃やす。

 画家出身。1951年から多治見市立陶都中学校の美術教諭を務めながら、日展で入選を重ねた。美意識の感…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです