メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 悔いのない最期のために/上 /福岡

 ■今回のテーマ 悔いのない最期のために

 第224回患者塾が7月7日、北九州市小倉北区の井筒屋で開かれた。「悔いのない最期のために」をテーマに、遺書の書き方や銀行からの借り入れ返済など人生のたたみ方について、弁護士や銀行家ら専門家が丁寧に説明した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆福岡市の男性(78)

 そろそろ遺言を書こうと思います。一つは財産について。もう一つは私自身の命について。ほどほどの治療で自然に息を引き取りたいです。

この記事は有料記事です。

残り1712文字(全文1923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです