メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 悔いのない最期のために/上 /福岡

 ■今回のテーマ 悔いのない最期のために

 第224回患者塾が7月7日、北九州市小倉北区の井筒屋で開かれた。「悔いのない最期のために」をテーマに、遺書の書き方や銀行からの借り入れ返済など人生のたたみ方について、弁護士や銀行家ら専門家が丁寧に説明した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆福岡市の男性(78)

 そろそろ遺言を書こうと思います。一つは財産について。もう一つは私自身の命について。ほどほどの治療で自然に息を引き取りたいです。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです