メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える 悔いのない最期のために/上 /福岡

 ■今回のテーマ 悔いのない最期のために

 第224回患者塾が7月7日、北九州市小倉北区の井筒屋で開かれた。「悔いのない最期のために」をテーマに、遺書の書き方や銀行からの借り入れ返済など人生のたたみ方について、弁護士や銀行家ら専門家が丁寧に説明した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆福岡市の男性(78)

 そろそろ遺言を書こうと思います。一つは財産について。もう一つは私自身の命について。ほどほどの治療で自然に息を引き取りたいです。

この記事は有料記事です。

残り1712文字(全文1923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです