メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア中央新幹線

大井川水系巡って対立 掘るに掘られぬトンネル 静岡県、用水減の懸念残る/JR東海、対策して着工急ぐ

 リニア中央新幹線の建設計画を巡り、品川-名古屋間で唯一未着工の静岡県内の南アルプスを貫くトンネル工事開始が見通せない。工事の影響で、生活用水として使われる大井川水系の流量減少の懸念が消えず、県とJR東海が対立しているためだ。工期に余裕がないJRは8月末にも関連工事を始める構えだが、リニアの駅設置計画がなく、直接的な「恩恵」がない県側に譲歩のそぶりは見えない。【島田信幸、松岡大地】

 リニアの「南アルプストンネル」は全長約25キロもあり、山梨・静岡・長野3県を貫くが、中間の静岡工区…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1197文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです