メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

血小板目標 臨床、承認後1年で 京大申請

 京都大は20日、難病の「再生不良性貧血」の患者1人に対し、本人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った血小板を投与する臨床研究の実施を厚生労働省に申請したと発表した。29日にある同省の部会で審議される予定で、承認から1年以内の開始を目指す。

 実施するのは京大iPS細胞研究所の江藤浩之教授らのグループで申請は7月20日付。計…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  2. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席
  3. 未承認薬 社長を書類送検 有印私文書偽造容疑 大阪
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです