メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ゲノム編集、組み換えと何が違う? 特定遺伝子壊して改変 約20年前に開発=回答・須田桃子

ゲノム編集で作られたトマト=江面浩・筑波大教授提供

 なるほドリ 農作物の品種改良(ひんしゅかいりょう)に新しい技術が登場したと聞いたよ。

 記者 遺伝子(いでんし)を切断する酵素(こうそ)を使い、特定の遺伝子に狙いをつけて効率よく改変できる「ゲノム編集(へんしゅう)」という技術ですね。約20年前に開発され、2012年に「クリスパー・キャス9」という使い勝手のよい手法が発表されると、幅広い研究分野で爆発的に普及しました。農作物への応用では、高血圧を抑える成分を多く含むトマトや収量の多いイネなどの開発が日本でも進められています。

 Q 「遺伝子組(く)み換(か)え」という技術も聞いたことがあるけど。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです