メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

国会改革、論点に浮上か 進次郎氏積極提唱 石破氏が同調へ 安倍氏側は警戒

 9月の自民党総裁選で国会改革が論点に浮上しつつある。立候補を表明した石破茂元幹事長(61)は発信を強め、安倍晋三首相(63)との対立軸に据える狙い。党内や超党派の提言作りを担った小泉進次郎筆頭副幹事長を取り込みたい思惑もある。ただ、先の通常国会で不祥事を巡って防戦に追われた首相側は警戒しており、支持議員は「野党も含めた課題で、総裁選の争点にはならない」とけん制する。【村尾哲】

 石破氏は10日の記者会見で、国会改革について「自民の若手議員の提言を尊重したい」とあえて言及。小泉…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです