メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

自民議員のLGBT「生産性」寄稿 差別禁止へ法整備を=藤沢美由紀(医療福祉部)

自民党本部前で杉田水脈衆院議員の辞職を求めて抗議する人たち=東京都千代田区で7月27日、宮間俊樹撮影

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が性的少数者であるLGBTに対し、「子どもを作らない、つまり『生産性がない』」などと侮辱した月刊誌の寄稿への批判が続いている。しかし、ある当事者は「あんなの何千回と言われてきた」とつぶやいた。私は、杉田氏の寄稿が今の日本社会の意識をよく表していると思っている。

 それでも今回、これまでにない変化も起きた。当事者が声を上げ、その輪が広がっている。これをきっかけに、根本的な解決へつながるよう願う。

この記事は有料記事です。

残り1758文字(全文1972文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです