メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔡英文・台湾総統

NASA訪問 米側の台湾重視鮮明に

NASAの施設を訪問する蔡英文総統(右)=蔡氏のフェイスブックより

 【台北・福岡静哉】台湾の蔡英文総統は19日、中南米歴訪を終えた帰国途中、経由地の米南部ヒューストンで米航空宇宙局(NASA)の施設を訪問した。台湾メディアによると、台湾総統が米本土の米政府機関を訪問するのは初めてという。米側の台湾に対する厚遇が鮮明となった形で、中国は反発を強めそうだ。

 台湾総統府の発表によると、蔡氏は19日、NASAのジョンソン宇宙センター内を視察。施設内に記念のサインをする様子などをフェイスブックで公表した。蔡氏は同日、米下院議員らも出席した会合で「台米関係は将来の道を照らす光となるだろう」と強調した。

 従来、米国は中国に対する配慮から台湾総統の米本土での行動を厳しく制限してきた。米国では今年3月、米…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文685文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです