メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

投資会社買収、直前で中止 大和証券グループ本社社長・中田誠司さん

初任地の日比谷支店の同僚たちと(右が中田社長)=1980年代後半、本人提供

踏みとどまる勇気学ぶ

 初任地の東京・日比谷支店で1989年までの5年間、個人営業を担当しました。超大口のお客様ができて2年目に営業成績は全国トップクラスに。ところが大損させて取引をやめられると成績は急落。結局、そのお客様に依存していたのです。それ以来、常に気を緩めず新たな挑戦が大事だと学び、それが教訓となりました。しかし、リーマン・ショックで味わった苦い経験から時には踏みとどまる勇気も必要と気付かされました。

 経営企画部長に就任した2007年4月、会社は他社が先行していた不動産投資信託(リート)への参入を決…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1245文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです