メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行はどこへ

/3 「事務」「人」削減、変わる支店 ネット利用進み、来店者数急減

400台以上のパソコンが並ぶ三井住友銀行の事務センター=東京都江東区で、深津誠撮影

手続きを集約

 東京都江東区にあるオフィスビルの4階。サッカーフィールドの約半分に当たる約3700平方メートルのフロアに、見渡す限りの事務机が並び、約600人が書類やパソコンに向き合う。三井住友銀行が昨年4月に開設した「事務センター」だ。

 口座開設や振り込み、住所変更など紙の申請書は支店でスキャンされ、ここに送信される。これまで支店が担っていたコンピューターへの入力を行い、手続きを済ませる。全国約440店舗のうち108店舗分をこのセンターが担当する。丸山光(ひかる)・チャネル戦略部長は「支店事務を減らし、相談スペースの拡充や店舗縮小によるコスト削減を図りたい」と狙いを説明する。

 背中を押したのは、同行幹部が3年前に実施した欧米とアジアの銀行視察だった。韓国で支店事務が姿を消し…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです