メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精神疾患

「他に居場所ない」 鹿児島の女性、入院55年 両親亡くし、独りぼっち

閉鎖病棟の廊下を歩く入院患者ら=鹿児島市のメンタルホスピタル鹿児島で

 全国の精神病床のある病院に、1700人を超える患者が半世紀以上にわたって入院している実態が明らかになった。このうちの一人、鹿児島市の病院に55年間入る女性(80)が毎日新聞の取材に応じた。統合失調症を患い25歳で入院。両親らは亡くなり、「退院してもおるところがない」。力なくつぶやいた。【畠山哲郎】

 ドアが施錠された閉鎖病棟の3階。15畳ほどの8人部屋の奥で、女性はベッドに横たわっていた。青のTシャツにカーキ色のズボン姿。窓からは光が差し込むが、外へ出られないよう金属製の囲いが設けられている。

 病院によると、女性は市内の高校を卒業後、短大に進んだが中退。その後はパチンコ店に勤めたり、放浪先で…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1416文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです