メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

事故危険箇所、地図で共有

子どもが死傷した交通事故のデータが、デジタルマップ上に色分けされた丸いアイコンで示された「あんぜんmyマップ」の画面=あんぜんmyマップサイトより

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 子どもが友達同士や一人で遊びに出かける年齢になると、交通事故が心配だ。普段から地域の危険な交差点や道路を把握するために、過去の事故情報が登録されたデジタルマップが活用できる。地元住民だからこそ知っている危険箇所の投稿・共有もできる。

 ●住民が情報投稿も

 AIG損害保険(東京都港区)は3月から、全国の交通事故多発エリアや事故発生リスクの高い地点をデジタルマップに分かりやすく表示した「あんぜんmyマップ」(https://www-511.aig.co.jp/p/anzenmap/)を公開している。スマートフォンやパソコンを使い、住所や駅名で見たい地域を検索できる。

 事故情報は、公益財団法人「交通事故総合分析センター」が持つ3年分(2013~15年)のデータの提供…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1250文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです