メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 競泳 池江璃花子(18) 2日間で3冠、伸び盛り

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 高校生のラストシーズンは右肩上がりの成長曲線を描いている。年明けから好調を維持してジャカルタに乗り込んだ。アジア大会は19日の女子400メートルリレー、20日の女子50メートルバタフライと女子100メートル自由形を制して2日間で3冠。21日は思い入れのある女子100メートルバタフライで過去に2人しか突入していない55秒台を目指す。

 今年に入って短水路(25メートル)を含め自由形とバタフライの短距離種目を中心に塗り替えた個人の日本…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです