メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Suka!ジャカルタ

アジア大会 大会公式マスコット「ビンビン」「アトゥン」「カカ」 多様性の尊重表現

開会式で入場行進するアジア大会のマスコットたち=徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会でインドネシアに由来する3種の動物をモチーフにした公式マスコットが人気だ。開会式の選手入場行進にも登場した3体の名前には多様性を認め合う大会理念のメッセージが込められている。

 極楽鳥をモデルに戦略を表現したというビンビン(BHIN BHIN)、シカでスピードを表すアトゥン(ATUNG)、ジャワサイでパワーのあるカカ(KAKA)の3種類。戦略、スピード、パワーをイメージすることでスポーツの要素も取り入れた。

 このマスコットが誕生する前に、極楽鳥を模した別のマスコットが発表されていた。だが、インターネット上…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです