メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ

記者会見する(右から)今村佳太選手、佐藤卓磨選手、日本バスケットボール協会の東野智弥技術委員長、三屋裕子会長、橋本拓哉選手、永吉佑也選手=東京都港区で2018年8月20日午後8時22分、藤井達也撮影

 ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表の選手4人が20日、女性を買春したとして日本オリンピック委員会(JOC)から19日付で代表認定の取り消し処分を受け、帰国した。東京都内で20日夜に記者会見した4選手は「良くないことをしている認識はあったが、浮ついた気持ちだった。日の丸を背負うという自覚がなかった」と謝罪した。【田原和宏、中村有花、ジャカルタ松本晃、倉沢仁志】

 事実上の選手団からの追放処分を受けたのは、いずれもBリーグ所属の橋本拓哉(23)=大阪▽今村佳太(…

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです