メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

着陸に挑む4台の探査ロボ 初の快挙なるか

「ミネルバ2の1」の2台(左の2台)と「ミネルバ2の2」が小惑星リュウグウの表面で探査する様子のイメージ図=宇宙航空研究開発機構提供

 探査機「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウ上空からの観測や着陸しての物質採取に加え、4台の着陸機が探査ロボットとしてリュウグウ表面の直接探査に挑む。先代の「はやぶさ」は着陸機の小惑星への到達に失敗したため、関係者は「今度こそ成功し、リュウグウの表面の詳細な表情を地球に届けたい」と意気込む。着陸機は9月以降、順番にリュウグウ表面へ向けて分離される予定だ。【永山悦子】

 先代「はやぶさ」は小惑星へ着陸させる探査ロボット「ミネルバ」1台を搭載していた。「はやぶさ2」は日…

この記事は有料記事です。

残り2987文字(全文3220文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです