メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大教授ら

パーキンソン病治療に「皮膚がん薬が有望」

 脳の神経細胞が減少し、手足の震えや歩行障害が起きるパーキンソン病の治療薬候補として、現在は皮膚がんに対して使われている薬が有望だとの研究結果を、東京大の戸田達史教授らが英科学誌ヒューマン・モレキュラー・ジェネティクスに発表した。「適切な使い方を調べ、将来的に臨床試験を行いたい」としている。

 戸田教授らは患者の遺伝子解析を基に、発症への関与が疑…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 神村学園伊賀分校女子サッカー部 創部1年で新人大会優勝 /三重
  3. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  5. 写真、職歴、家族、出身校・・・ 辺野古反対派市民の情報ズラリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです