メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多言語

母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開

「多言語絵本の会RAINBOW」代表の石原弘子さん(左)。朗読は日本語教室に通う人たちも協力している=東京都目黒区の中目黒スクエアで、金秀蓮撮影

25以上の言語 「子どもたちが忘れないように…」

 日本語の絵本を英語や中国語、スペイン語などさまざまな外国語に翻訳して朗読し、紙芝居のようにした動画をインターネットで公開しているグループがある。「多言語絵本の会RAINBOW」(東京都目黒区)だ。多くの外国人が日本へ移り住む中、代表の石原弘子さん(74)は「外国にルーツを持つ人たちが母国語を大切にする手助けになればうれしい」と話す。【金秀蓮】

 グループは2006年から活動を始めた。日本語教室でボランティアをしていた石原さんが、来日したフィリ…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです