メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア首相

対中外交、老練に 硬軟混ぜ実利

記者会見を終え握手するマレーシアのマハティール首相(左)と中国の李克強首相=北京の人民大会堂で2018年8月20日、AP

 【北京・河津啓介、ジャカルタ武内彩】5月に92歳で首相に返り咲いたマレーシアのマハティール首相が公式訪問先の中国で、老練な外交手腕を発揮している。習近平国家主席や李克強首相と20日に北京で会談し、マレーシアの政権交代後も両国関係を発展させることで一致。中国が関わる国内の大型インフラ事業の見直しも提起したとみられ、硬軟両様の姿勢で自国利益の最大化を図る。

 マハティール氏は首相就任後、前政権が中国への経済的な依存を強めて大型インフラ事業を推進した姿勢を批…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文655文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです