メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

iPS細胞で血小板 再生不良性貧血の患者に投与へ

 京都大は20日、難病の「再生不良性貧血」の患者1人に対し、本人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った血小板を投与する臨床研究の実施を厚生労働省に申請したと発表した。29日にある同省の部会で審議される予定で、承認から1年以内の開始を目指す。

 実施するのは京大iPS細胞研究所の江藤浩之教授らのグループで申請は7月20日付。計画では対象患者のiPS細胞から血小板を作る細胞、巨核球を作って凍結保存。使う際に解凍して血小板を作り、輸血…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです