メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうほく彩発見

全国高校小規模校サミット=高橋興さん /青森

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

継続と進展を強く期待 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 去る8月2日、山形県小国町にある県立小国高校(柿崎悦子校長)の主催で、「第1回全国高等学校小規模校サミット」が開催され、東北4県のほか、高知や熊本などの19校から約200人の生徒と教員が参加した。生徒数82人の小規模校の生徒と教員、地域住民が一体となった快挙だと思う。

 自らを「白い森の国」と称する小国町は山形県の西南端にあり、新潟県境の山間地に位置する。1955年に…

この記事は有料記事です。

残り1411文字(全文1648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです