メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スタートアップワールドカップ

起業家がプレゼンでアイデア競う 飯塚で初の九州予選 市が観戦者を募集 /福岡

来月9日嘉穂劇場

 非上場のベンチャー企業がアイデアを競う「スタートアップワールドカップ2019」(来年5月に米国サンフランシスコで開催)で「九州ロードショー」と題した初の九州予選が9月9日午後3時、飯塚市の木造芝居小屋、嘉穂劇場で開かれることになり、市は観戦者を募集している。【平山千里】

「若者よ世界に飛び出すチャンスを感じて!」

 スタートアップワールドカップは米国の投資会社「フェノックス」社が17年から毎年開催。各国の予選を勝ち上がった起業家たちが新商品や新規事業の企画を発表し、優勝者には約1億円の投資賞金が与えられる。第1回は日…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです