メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

テニス長時間試合、対策は? タイブレーク拡大課題 選手第一で議論を=回答・浅妻博之

 なるほドリ 7月に開催(かいさい)されたテニスの4大大会、ウィンブルドン選手権(せんしゅけん)で6時間を超える試合があったと聞いたよ。

 記者 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)とジョン・イスナー(米国)との男子シングルス準決勝(じゅんけっしょう)は、4大大会史上2番目に長い6時間36分の激戦(げきせん)となりました。最終セットが26-24という珍しいスコアとなり、計99ゲームの末の決着でした。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです