メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

テニス長時間試合、対策は? タイブレーク拡大課題 選手第一で議論を=回答・浅妻博之

 なるほドリ 7月に開催(かいさい)されたテニスの4大大会、ウィンブルドン選手権(せんしゅけん)で6時間を超える試合があったと聞いたよ。

 記者 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)とジョン・イスナー(米国)との男子シングルス準決勝(じゅんけっしょう)は、4大大会史上2番目に長い6時間36分の激戦(げきせん)となりました。最終セットが26-24という珍しいスコアとなり、計99ゲームの末の決着でした。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです