メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力大手

再エネ導入に注力 東電、洋上風力着目 関電、バイオマス推進

東京電力HDが千葉・銚子沖で実証研究を行っている洋上風力発電設備=東電HD提供

 電力大手各社が再生可能エネルギーの導入に本腰を入れ始めた。二酸化炭素(CO2)を出さない「脱炭素」社会を目指す流れが世界で強まる中、国内外で再エネ電源の開発に乗り出す。ただ、太陽光発電が大幅に普及した九州では電力需給のバランスが崩れかねない事態に陥るなど、課題も浮かび上がる。【袴田貴行】

石炭火力、逆風で

 電力各社は2011年の福島第1原発事故後も政府と歩調を合わせて原発再稼働を優先し、再エネには消極的だった。10年に1キロワット時当たり40円だった太陽光発電コストは、普及を進めた欧州では16年に10円に下がったのに対し、日本はまだ20円だ。

 15年の「パリ協定」採択で「脱炭素」の流れが加速し、日本が得意とする石炭火力発電に逆風が吹く。政府…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1596文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです