メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

子どもの疑問、育てて 画家・安野光雅さん

インタビューに答える画家、絵本作家の安野光雅さん=東京都小金井市で2018年6月19日、太田康男撮影

 風景画や絵本で知られる画家の安野光雅さん(92)。1968年に初めての絵本「ふしぎなえ」を発表して以来50年、独創的な作品を世に出し続けている。創作の原動力や現代の子育て、子どもたちについて思うことを語ってもらった。

 --新刊エッセー「かんがえる子ども」が好評です。一番伝えたかったことは。

 安野さん 大学受験やその後の勉強が大切と考えている親は多いが、僕は小学生のころを最も大切にしてほしいと思います。囲碁や将棋も、小学生時代に強くなった人が活躍しています。感じることはもちろん、考えることが大事。親からはただ遊んでいるように見えても、実は子どもは遊びながらいろいろ考えています。「どうしてかな」っていう子どもの疑問を育ててやることが大事だと思いますね。僕も子どもの時は「朝が来るのは何でかな」なんてことをずっと考えていました。

 道を歩いていると、自転車に子どもを乗せたお母さんが、子どもの話をうんうんと聞いている。うるさいなん…

この記事は有料記事です。

残り2031文字(全文2447文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです