メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/4 緑地や塗装で暑さ指数低下

 <くらしナビ 環境>

 埼玉県熊谷市で先月23日に国内観測史上最高の41.1度に達するなど、記録的な猛暑となった今夏。地球温暖化やヒートアイランド現象の影響でさらなる気温上昇が懸念される中、風や緑地の効果をシミュレーションし、暑さに適応する対策に生かす試みが進んでいる。【斎藤有香、大場あい】

 日本一暑い街・熊谷市にある熊谷スポーツ文化公園では連日の暑さの中、ケヤキ並木などを整備する工事が進んでいる。新たに植えたケヤキは63本。「上部の枝や葉が茂っている部分は今は直径6メートル程度だが、成長して10メートルになれば観客が通る道の4割に木陰ができる見込みです」。埼玉県公園スタジアム課の桜井晃主幹が説明した。

この記事は有料記事です。

残り1694文字(全文1999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです