メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Suka!ジャカルタ

アジア大会 レスリング男子フリースタイル125キロ級=カザフスタン ボルチン・オレッグ(25)

ボルチン・オレッグ=宮間俊樹撮影

プロレスラーから学び

 日本のプロレスラーに学んだ巨漢が初めてのアジア大会に挑んだ。20日、メダルには届かなかったが1回戦で初勝利も挙げて「貴重な経験ができた」と充実した表情だった。

 1回戦は2015年世界選手権8位の荒木田進謙(のぶよし)=レッスル・アカデミー=との対戦。相手と肩を合わせてがっぷり四つに組み合って迎えた第1ピリオド1分半。組み手で崩しながら30歳のベテランを場外に押しやり1点を獲得。その後は堅い守りで逃げ切った。2回戦と敗者復活戦はともに力負けした。

 13年に山梨学院大の留学生として来日した。大柄な体格を買われて日本代表の練習相手に選ばれ、細かい組…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです