メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

競泳 大会新、池江4冠 100バタ/小関金、渡辺銀 200平

競泳女子100メートルバタフライで優勝した池江璃花子=ジャカルタで2018年8月21日、宮間俊樹撮影

 (第4日・記録は共同など)

 競泳女子100メートルバタフライ決勝で、今季世界最速タイムを持つ18歳の池江璃花子(ルネサンス)が56秒30の大会新記録で優勝して、今大会4個目の金メダルを獲得した。池江は続く女子800メートルリレー決勝にも出場して銀メダルだった。

 この日を含め、今月のパンパシフィック選手権からの20レースを終えた池江は、さすがに疲労の色を浮かべたが「思ったより体は動いた」と100メートルバタフライのレースを振り返った。前半は抑え、後半から徐々にテンポを上げて、最後は後続を完全に振り切った。過去に2人しかいない55秒台への突入こそならなかったが、「プラン通り良いレースができた」とうなずいた。

 最も思い入れの強い種目が100メートルバタフライだ。5月から指導する三木二郎コーチと初めて対面した…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 露大統領 プーチン氏「領土、容易に妥協せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです