メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

法人で支援 道内で行政書士ら 医療同意、住宅ローン、労働問題など

 北海道内の行政書士や社会保険労務士が今月、LGBTなど性的少数者をサポートする一般社団法人「ENISHI」を設立した。法的手続きや法的書類の作成、職場環境のトラブルなど問題解決の仲介も行う。同法人によると、行政書士らによるこうした団体は全国でも異例という。

     設立したのは、旭川市、千歳市、江別市、札幌市、長沼町を拠点にする行政書士10人と社会保険労務士1人。代表理事の佐々木啓さん(50)=旭川市=らが昨年9月以降、当事者から生活上の困難について聞き取り、勉強会を重ねた。その結果、同性カップルの場合、医療同意や住宅ローン契約ができず、どこに相談すればいいかも分からないなどさまざまな困難があることを知り、「勉強会で終わらせず、支援の受け皿を作ろう」と決意した。

     パートナーの関係を証明する書面や遺言書、医療同意書、任意後見契約書の作成、住宅ローンなど金融で必要な法的手続きを支援し、生活上での問題解決につなげる。就業規則に関する問題や職場でのトラブルにも社会保険労務士が対応できる。さらに、医療や金融機関などでトラブルが発生して当事者自身でうまく状況を説明できない場合、仲介に入るための緊急窓口の連絡先などを記したカードの配布も検討しているという。

     佐々木さんは「その人がその人らしく、楽しく過ごせるようにするための手助けをしたい」と語る。問い合わせは佐々木さん(0166・73・5384)。【日下部元美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです